青汁のレシピ

青汁と珈琲って合うの?

 

「青汁と珈琲って合うの?」
実を言うと正直飲んでみて、「まずい・・・もういらない」となりました。
レシピの中に「青汁コーヒー」というのがあり、
美味しそうに載っていましたので試してみましたが、はっきりいってもう飲みたいとは思わないものでした。
香りと苦みのぶつかり合いで、なんだかどっち飲んでいるのか分からない、溶けあわないのです。

どちらも自己主張が激しい感じです。
レシピに載るくらいだから美味しいと感じる人もいます。
中には牛乳を温めるのがコツですと教えてくれる人もいました。
確かに牛乳を入れたら少し落ち着きます。
しかしこれでは「青汁珈琲牛乳」です。

しかも牛乳はいつもより多めにして香りや味を薄めました。
青汁と珈琲を一緒に飲む意味はあまりない気がします。

朝の珈琲の代わりに青汁を飲む習慣が嫌な人のために、
一緒にしてしまいましょうという案から出来たのかもしれませんが、美味しいと感じるかは個人の好みです。
美味しいし、朝の珈琲まで飲めて嬉しいという人もいれば、これは合わないという人も多いです。
朝に青汁を飲むのなら起きて飲んで、珈琲は食後に飲むというのもいいと思います。
勿論、飲める人は一緒に飲んでもいいです。

最大の要因は香りと味が混ざらないことです。
それを個性と捕えるか、こんなのは飲み物ではないと捕えるかは好みです。
大体のものに青汁はかなり溶け込みますが、
珈琲は自体が断固たる香りと味を確立していますので、逆に馴染まないのかもしれません。

珈琲の強い香りと味で普通なら青汁の香りと味は溶けそうなのですが、どういう作用か青臭さが強くなります。
これぞ青汁と思う人以外はあまりお勧めできる飲み方ではないでしょう。
しかしきちんと美味しい飲み物としてのお勧めもあります。
「青汁カフェオレ」といいまして牛乳の力は借りていますし、
使う珈琲もボトルコーヒーなので、青汁も抹茶風味のものという解釈までついていましたが、
「抹茶カフェオレ」のようで美味しいそうです。
そこからヒントを得たのだとありました。