青汁のレシピ

美感青汁

 

「美感青汁」は長野県の信州北アルプス山脈で育った栄養豊富な「クマザサ」に、
「明日葉」や「大麦若葉」に「菊芋」と「かごめ昆布」をブレンドした食べる青汁です。
ジェルタイプのマンゴー味で美味しく食べられ、青汁とは思えません。

しかも「コラーゲン」に「コエンザイムQ10」と「プラセンタ」や、
「ヒアルロン酸」に「セラミド」そして「ビタミンC」が加えられています。

健康と美容のための青汁といってもいいでしょう。
マンゴー味はすごく好評で不味いという言葉を聞いたことはありませんが、
純粋に青汁を求めている人には物足りない感があるそうです。
確かに緑色でも味はマンゴーでは青汁の実感はありません。

それでは効果の方はどうなのでしょう。
「クマザサ」にはビタミンやミネラルがたっぷり含まれていて、
活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
体内でダメージを受けた細胞を修復してくれます。

「クマザサ」の葉緑素が体内で善玉菌を増やして腸を元気に、
便通を良くしてくれますし、整腸作用もあります。
新陳代謝がアップするので、ダイエットにも期待できます。
健康を促進させる成分によって、肌の健康も促進され、その結果が美肌効果です。

 

美容効果が得られる「美観青汁」

 

「美感青汁」には美容成分も含まれています。
美容効果と健康促進効果の相乗効果により、よりよい美容効果が期待できます。
つまり、美感青汁を摂取するだけで一石二鳥の効果があるのです。

「美感青汁」は毎日続けるのに全く苦にならないマンゴー味で、
106名中、102名が美味しいと答えています。

青汁の最大需要である野菜不足も「クマザサ」を中心に、
「明日葉」「大麦若葉」「菊芋」「かごめ昆布」が配合されています。

特に「クマザサ」よって便秘の心配もありませんし、整腸作用も期待できます。
そして肌荒れは「コラーゲン」「コエンザイムQ10」「プラセンタ」「ヒアルロン酸」、
「セラミド」「ビタミンC」が加えられることによって、野菜による効果と共に期待されています。