青汁のレシピ

ケールの青汁の特徴

 

アブラナ科の植物の「ケール」は、地中海沿岸で作られたキャベツの原種です。
日本ではその独特の味のくせのせいか、食べる野菜としてではなく、あくまで青汁用として栽培されています。
ケールの豊富な栄養素に注目した遠藤医学博士が、青汁を作りました。

「ケール」青汁は葉緑素や繊維質に、たくさんのビタミンも含んでいる優れた緑黄色野菜です。
また青汁を摂ることで、質がいいアルカリ性食品を多く取ることが可能です。
「ケール」は現代の食生活に不足しやすい、食物繊維はもちろんカロチンやカルシウム、
鉄にリンなどのビタミン・ミネラル類も含んでいます。
又、野菜類では断トツでビタミンEの含有量が多く、
さらに、ナトリウムの排泄に必要な働きをするカリウムも含んでいます。

ケールの青汁をそのまま飲むのは、よほど選ばれた土壌と無農薬であることが最低条件になることでしょう。
大手会社で契約農家が、栽培しているのならよけいにいいです。
後は、冬に取れた「ケール」が使用されていればもっといいでしょう。
何故これだけの条件をあげたかといいますと、
「ケール」100%を何も加えずに飲めるとしたらこれぐらい必要ということです。

後は、手を加えなければ毎日が苦行です。
残念ながら外国では、普通にロールキャベツなどで食べられることもあるみたいです。
日本では青汁用と考えられているためか、摂取しにくいのが現状です。
今では「ケール」100%の方が珍しいのですが、
特別な栽培をされている青汁は「ケール」だけでも飲めます。

また、明日葉の青汁も有名ですので、こちらを参考にしてください。

 

毎日飲み続けられるかが重要

 

「ケール」は野菜の栄養素が高く「野菜の王様」と呼ばれるほどです。
野菜不足を補い、便秘を解消し、肌荒れをも治すといわれています。
また新たに見つかった効果もあるほど、奥が深い野菜となっています。
そんな「ケール」だけで作られた青汁もいいですが、
飲みにくければ様々なものがプラスされた青汁も決してマイナスにはなりません。
大切なのは、飲み続けられることなのです。

ケール以外でよく使われている原材料の特徴がこちらのhttp://www.ldhd.info/05tiga.htmlにまとめられています。