青汁のレシピ

大麦若葉の青汁の特徴

 

「大麦若葉の青汁」は「ケールの青汁」よりも飲みやすいことから人気があります。
大麦若葉の青汁の原料となるのは、
大麦の中でも成長過渡期である「青葉」の状態を「大麦若葉」として使用しています。
ちなみに白米の10倍の食物繊維が含まれています。
また他にも「大麦若葉の青汁」は、
ビタミンやカロチン、ビタミンB1やビタミンCが含まれています。
これらの栄養素には体内の新陳代謝を促進する作用があり、
代謝機能が促進すると、脂肪が燃焼しやすくなるため、ダイエットに効果があります。

また肌の機能が向上し、シワやシミなどを改善してくれます。
さらには抗酸化作用があるため、血管の衰えによる動脈硬化の予防や、アンチエイジング効果を発揮します。
「ケールの青汁」に比べて全体の栄養素では少し落ちてしまいますが、
野菜不足を十分に補い、便秘を解消してくれ、
肌の質をあげるという「青汁」の効能としてはなんら劣るものではありません。

またメーカーによっては様々な組み合わせによってそれすらをも上回るものを作っていることもあります。
「大麦若葉」はそういった意味では合わせやすいといえるのかもしれません。

 

飲みやすい大麦若葉

 

飲みやすいというのは大きいでしょう。
以前駄目だったけれど「大麦若葉の青汁」http://www.puckineh.com/08yasai.htmlなら
飲みやすいという声はよく聞きます。

「青汁」は毎日飲まなくては意味がありません。
続けてこそ効果を発揮するといってもいいでしょう。
ですから、「大麦若葉の青汁」が選ばれるのかもしれません。

消費者も飲もうと決めたら自分に合った苦にならない味を探します。
飲み比べたりした結果、それが「大麦若葉」を主原料とした青汁が多いのも頷けます。

しかし「大麦若葉」だけの青汁というのもあまり見かけません。
必ず何かと合わさって味は「大麦若葉」の抹茶風味という形が多いです。
あるメーカーなど「ケール」と合わせていたのには驚きましたが、
主を「大麦若葉」にしての「青汁」だったために抹茶風味と好評を収めていました。
様々な可能性で、飲みやすい「青汁」を作り出しているのが「大麦若葉の青汁」といえるのかもしれません。

↓青汁を使ったおいしいレシピ