青汁のレシピ

レモンの青汁

 

「レモンの青汁」は、大分県産の無農薬の青汁を75%にレモン果汁を加えています。
野菜不足だけではなく、ビタミン不足も補ってくれます。

新鮮なケールには、ビタミン類や酵素など、加熱をすると壊れやすい成分が多く含まれています。
しかし「スプレードライ製法」という特殊な製法で、
ケールの絞り汁を約39%の温風で瞬時に乾燥・粉末化させます。
この方法により、熱に弱い栄養成分もしっかりと青汁の中に閉じ込めることができ、
レモンに大幅に取られた野菜部分をも補っています。
そのかいもあってレモン風味が飲みやすいと大変な評判ですし、
しかも何にでも溶けて馴染みます。

それに「レモンの青汁」は、ただレモンを入れたという単純なものではありません。
レモンは古来より栄養価の高い食材で知られいます。
疲労回復の効果や、香りには集中力を高める効果があることが科学的にも証明されています。
ビタミンCは、美容効果だけでなく活性酸素を除去する大事な栄養素です。
レモンの青汁を1日2袋飲めば、1日に必要なビタミンCの125%を取ることが可能です。
ビタミンCは過剰に摂取しても大丈夫な栄養素で、摂りすぎを不安に感じることはありません。
むしろ上質のビタミンCを摂取の仕方は、少ないので大きな助けとなります。

そしてケールは、栄養素の高いため「野菜の王様」と呼ばれています。
多くの青汁の主原料として使用されていることからも、その効果の高さは伺われます。
「レモンの青汁」は誰にでも飲みやすく、青汁をはじめたい人にはもってこいです。
口当たりがさっぱりとしているので子供や以前、青汁に挫折した人にもお勧めできます。
青汁独特の風味や苦味が苦手な人にとっては、ありがたいと思います。
http://www.sinhalawebdirectory.com/13.htmlでもレモンの青汁について詳しくかかれています。

 

作ってみよう

 

おまけに飲みやすいだけではなく料理にも向いてます。
特に好評なのはドレッシングです。
作り方も簡単で、酢、オリーブオイル、塩、こしょうに「レモンの青汁」を足して混ぜるだけです。
勿論サラダにかけるので、野菜と一緒にいただきます。
「レモンの青汁」だけでなく、ドレッシングにすることによって野菜も一緒に取れるなんて一石二鳥です。
青汁を料理に工夫して使う方法はhttp://www.pest-one.com/powder.htmlにも載っています。