青汁のレシピ

プリンと青汁の相性とは

 

プリンと青汁の相性は、いいのかといわれたら、ばっちりですとお答えします。
あの甘いプリンに、多少苦くても抹茶っぽい青汁の組み合わせは、立派な抹茶プリンの完成です。
なんといっても、青汁レシピでも当たり前のように載ってます。
こつはキャラメルソースではなく、黒蜜をかけることだそうです。
小豆でも美味しいです。

そうすると、ますます抹茶風味は際立つうえに、青汁の苦味などなくなるそうです。
ほとんどの場合、プリンにいれた時点でなくなるそうです。
はっきり言って効果は、美味しく青汁をいただけることくらいです。

子供たちが青汁と気付かずに、美味しそうに食べてくれたのが嬉しかったとありました。
砂糖をいれますからダイエット効果は期待できませんが、野菜はしっかりととれます。
美味しく食べる方法のひとつと考えればいいのでしょうか。

青汁プリンにもいろいろありますが、私は寒天青汁プリンが一番カロリーがなくていいかもしれないと感じました。
卵はいれないし、砂糖の代わりにはちみつ使っています。
「はちみつ青汁」だとそのはちみつすら、いらないあっさりした寒天の青汁プリンです。
毎日食べるのなら、たまにはこうしたカロリーを抑えたおやつの日もあった方がいいです。

それでは作り方です。
棒寒天4gを、水に浸して柔らかくします。
柔らかくなったら鍋に水200ccを入れて、沸騰する前に棒寒天を入れて煮溶かします。
棒寒天が溶けたら、牛乳200ccと「はちみつ青汁」または「青汁」とはちみつを入れてよく混ぜます。
混ざったら粗熱をとり、容器に入れて固めます。
美味しそうです。

 

寒天青汁プリンの作り方

 

それでは作り方です。
棒寒天4gを、水に浸して柔らかくします。
柔らかくなったら鍋に水200ccを入れて、沸騰する前に棒寒天を入れて煮溶かします。
棒寒天が溶けたら、牛乳200ccと「はちみつ青汁」または「青汁」とはちみつを入れてよく混ぜます。
混ざったら粗熱をとり、容器に入れて固めます。
美味しそうです。

これが一番カロリー少ない青汁の料理かもと思っていましたが、他の写真には白玉やあんこが乗っていました。
もしかしてプリンではなく、あんみつだったのでしょうか。
それはそれで美味しそうですが、青汁のプリンのはずです。
個人の好みですね。
もしかしたらずっとそのままで飲んでいたら、甘くして食べたくなる場合もありますものね。
どちらにしても美味しそうです。
栄養価の高い青汁はこちらで紹介されています。