青汁のレシピ

DHC 青汁+豆乳

 

「青汁+豆乳」はDHCが生み出した、無調整豆乳に大麦若葉をミックスしたものです。
ストレートで飲める、缶タイプの飲料です。
葉緑素や各種酵素を含みながら青臭さを抑えた味で飲みやすくなっています。
また、ノンコレステロールの非遺伝子組み換え大豆を使っています。
香料や保存料、着色料は使用していません。

元々大麦若葉は、抹茶風味で飲みやすいのが特徴です。
飲んだ人も豆乳と合わさって、抹茶オレみたいと好評です。
ただ人によっては「甘すぎる」「砂糖が余計」などと訴えている人もいます。
健康飲料だから、飲みやすくしたはずの砂糖が邪魔みたいです。
よく見ていますね。
その人はホットケーキミックスに加えて食べたら、朝食にもなって丁度よかったと話していました。
飲み物ではなくなってしまいましたが、体にいいものを食べるのも飲むのも変わりません。

健康に気をつけることで、さまざまな効果が期待できます。
薄毛に悩んでいる方は、生え際後退や頭頂部の円形脱毛症に発毛効果が期待できる男性用の育毛剤ランキングもご覧ください。

 

ビタミン豊富で美容にも!

 

本来「青汁」は野菜不足の代わりとして生まれた飲み物です。
それに「豆乳」を合わせることによって、ますます健康と味を良くしてきたのです。
「青汁」は大麦若葉を原料としている場合、ビタミンB2、ビタミンE、ミネラル、葉緑素を多く含んでいます。
なので、野菜不足や便通の解消、肌荒れの解消などに効果があります。

そして「豆乳」は骨や歯を形成したり、イライラにも効果があります。
腸内で善玉菌やビフィズス菌を増やし、整腸運動を活性化したり免疫力をアップさせてもくれます。
他にも、動脈硬化や骨粗鬆症、乳がんなどの予防、肥満防止にもなります。
また血中コレステロール値を下げ、成人病や老化の防止にも効果があります。
 他の青汁のサイトでも詳しく解説されています。

さらに豆乳には、美肌効果があるビタミン類を含んでいます。
このように「畑の肉」とも呼ばれている大豆を原料にした豆乳と、 青汁の栄養素を一緒に取れるのは必見です。

ほとんどの人に好評で、「作る手間がいらない」「冷やしておけばすぐに飲めるのでお風呂上りに最高にいい」などの意見が多いです。
「青汁」の苦みのなく、今まで「豆乳」は駄目だったけれどもという人もこれなら飲めるといいます。
ただ甘いのが苦手でしたら、工夫がいるかもしれません。
 当サイト以外にも、青汁サイトや、こちらの青汁の定期購入のお得度サイトは分かりやすいのでオススメです。